私の強迫性障害・抜毛症について(中学生編)

こんにちは!

ぽんちょこです!

ブログをご覧いただき、ありがとうございます♪

今日は!!「私の強迫性障害・抜毛症について」第3弾!!中学生編!!

今回は私が中学生の時の強迫性障害・抜毛症の症状やその時の気持ちの変化などを書いていきたいと思います。

第1弾「現在編」、第2弾「小学生編」はこちら↓

第1弾「現在編」https://ponchoco.com/ocdbatsumousyougakusei

第2弾「小学生編」https://ponchoco.com/ocdsyouzyougennzaihenn

小学2年生で強迫性障害・抜毛症を発症した私ですが、中学生になってもその症状は続きました。

小学生から中学生になって一番変わるのは「定期テストがあること!」です!

これがまた、当時の私のは大きなストレスになりました(´;ω;`)

強迫性障害については、家では自分の部屋、学校では自分の机でよく強迫行為をしていました。

具体的に自分の部屋では、タンスの中身がきちんと並んでいるか、机の上はいつも通りの配置でモノが置かれているか、本棚は上から下まできれいに本が並んでいるか、などが気になっていました。

このほかにも次の日の学校の準備に何十分もかかったり、アラームをかけまちがえてないかが気になってなかなか寝れなかったり、テスト勉強の時は教科書のそんなとこ出る?っていうようなちっちゃい吹き出しとかも気になって覚えるのに時間使ったりしてました(笑)

この頃には主に家では自分の部屋で生活するようになったので、学校では周りの目を気にして強迫行為は最低限で我慢して、かえって自分の部屋でいろんな確認行為をしていました。

抜毛症についてですが、中学生になって、小学校高学年の頃よりはよくなりました。

よくなった理由については、小学校高学年の頃の先生の宿題が毎回かなり大変で、宿題をしながら夜中まで髪を抜くことが多かったのですが、それがなくなったからかなあ~って思います。

でもやっぱり、テスト勉強の時期になると毎回髪の毛が薄くなりました。。。

この頃には完全に自分の部屋で隠れて髪の毛を抜くようになっていました。

髪の毛以外にも、汚い話ですがワキ毛を抜きまくっていました。

そのため、ワキ毛はどんどん濃くなり、生えてきたらすぐに抜かないと気が済まなくなりました。

また、ワキだとよく見えるのですが何度も抜くので、毛が生えてこずに皮膚の下で埋もれてしまう状態になって、よくそれをピンセットで皮膚を破ってまで取り出してまた抜いていました。

血が出て、痛くてもやめられないんですよね。。。

なので、ワキは常にかさぶただらけの状態でした。

ワキの抜毛は大学生の時に、美容脱毛を始めてから気にならなくなり、ずっと気にしていた誰にも見せられなかったワキの黒ずみも今ではきれいに取れました!

今では夏にノースリーブも着れています(^^♪

このほかに中学生の頃の思春期特有の症状で言うと、から顔や体のニキビを異常なまでにこだわってつぶしていました。

これは、抜毛症の方によくあることだと思うのですが、ニキビは見つけたらつぶさないと気がすみません。

私はニキビが一番ひどかったのが中学生の頃なので、中学生の頃はよく30分とか1時間とか鏡に向かって必死でニキビを探してつぶし、汁が出なくなるまで皮膚を抑えたりしていました。。。

このせいで、顔もしょっちゅうかさぶただらけでした(;^_^A

私の場合、中学生の頃に劇的に悪化しなかったのは、学校以外に習い事の空手が忙しかったり(私は形をやってました!)、親のけんかや不倫があって、いろいろとそっちの方が大変だったからかもです(;^_^A

とはいえやっぱり、家庭環境は大事で、この頃の親のけんかや不倫は、のちに私の自分の自信のなさや、生まれてこなければよかったと苦しむ原因の一つになってしまいます。

というわけで、私の中学生の時の症状や気持ちの変化を長々と書いてしまいました。

中学生の頃はまだ強迫性障害や抜毛症という言葉を知らなかったので、もちろん自分が病気だとも思っていませんでした。

両親も症状には気づいていたものの病気だとは気付かず、病院にかかることはありませんでした。

今思うと、私や両親がもっと早めに気づいていたら、治療が早くから始められたのかなあ、なんて思うので、これを読んでいただいている方で自分や周りの人がこの症状に当てはまる!と思ったらできれば早めに専門医のところに相談に行くことをお勧めします。

とはいえ、いろんな病院があるので、病院選びは慎重になった方がいいかもです。

今はネットが普及しているので、口コミとかを調べてから行くのもありです!

少しでも多くの強迫性障害や抜毛症の方やその周りの方がすごしやすくなりますように!

なにか意見やご質問等あれば下の質問欄からでも、ツイッターからでもいつでもお気軽にご質問ください!!

今日もぽんちょこブログをご覧いただき、ありがとうございました!

by ぽんちょこ

最新情報をチェック♪